Homeセミナー情報

鳩山サイエンスフォーラム

鳩山キャンパスで、最先端のサイエンスの話を聞き、討論する場です。学内外から研究の最先端で活躍されている研究者を招いて、月一回程度開催します。学生、院生、教職員の方々の参加をお持ちしております。学外からのご来聴も大いに歓迎いたします。

連絡先:東京電機大学理工学部物理学教室
TEL:049-296-5457
アクセス情報

これまでの講演者と講演要旨

第72回講演会
安藤 恒也 (東京工業大学 栄誉/名誉教授)

グラフェンと関連物質の物理的興味

概  要: 現在,新しい原子層2次元物質が注目を浴びている.その中で最も典型的な物質がグラフェンであり,炭素原子からなる層状物質グラファイトの1層に対応する.グラフェン上の電子はニュートリノと同じワイル方程式(ディラック方程式の相対論的極限に対応)に従うという著しい特徴をもつ[1-3].そのため,通常の2次元系とは異なる興味深い性質を示す.例えば,反磁性帯磁率のデルタ関数的特異性[4],それと密接に関係したトポロジカル谷ホール効果[5],電気伝導率の特異性と最小伝導率[6]などである.この講演ではこれらの現象を理論的側面から紹介するとともに,磁気抵抗効果についての最近の理論的研究やグラフェン以外の新しい原子層物質についても簡単に触れたい.
Reference
[1] T. Ando, J. Phys. Soc. Jpn. 74, 777, (2005).
[2] A.H. Castro Neto, F. Guinea, N.M. Peres, K.S. Novoselov, and A.K. Geim, Rev. Mod. Phys. 81, 109 (2009).
[3] D.S.L. Abergel, V. Apalkov, J. Berashevich, K. Ziegler, and T. Chakraborty, Adv. Phys. 59, 261 (2010).
[4] M. Koshino and T. Ando, Solid State Commun. 151, 1054 (2011).
[5] T. Ando, J. Phys. Soc. Jpn. 84, 114705 (2015).
[6] N.H. Shon and T. Ando, J. Phys. Soc. Jpn. 67, 2421 (1998).

日 時:2018年6月13日(水)15:30〜17:10
場 所: 東京電機大学理工学部 理学系会議室(1407室)
アクセス情報

ページトップへ

Copyright (C) Tokyo Denki University, All Rights Reserved.