東京電機大学理工学部理工学科
建築・都市環境学系
Division of Architectural, Civil and Environmental Engineering
School of Science and Engineering, Tokyo Denki University
東京電機大学理工学部理工学科
建築・都市環境学系
Division of Architectural, Civil and Environmental Engineering
School of Science and Engineering, Tokyo Denki University
ホームページに戻る
技術士とは

 技術士制度は、文部科学省が所管する、優れた技術者の育成を図るための国による技術者の資格認定制度です。技術士は、技術士法に基づいて行われる国家試験(技術士第二次試験)に合格し、登録した人だけに与えられる名称独占の資格です。即ち、技術士は、「科学技術に関する技術的専門知識と高度な応用能力及び豊富な実務経験を有し、公益を確保するため高い技術者倫理を備えていること」を国によって認められた技術者であり、科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威のある国家資格です。2004年4月、JABEEが認定したプログラムの修了者は、文部科学大臣の指定を受けて技術士の第一次試験が免除されることになりました。国からも、科学技術創造立国の政策を推進する上から、多くのJABEE認定プログラム修了者が技術士を目指すことを期待されています。

第1次試験免除

 技術士法によれば、文部科学大臣が指定した教育課程を修了した者は技術士補となる資格を有するとされています。この「修了した者」とは、「認定された教育課程の修了者(JABEEの認定プログラム修了者で文部科学大臣が告示した教育課程の修了者)」を指し、技術士第一次試験が免除されます。JABEE認定プログラム修了者は、文部科学大臣が告示した当該認定プログラムを告示に掲げる修了年月以降に修了した時点から「修習技術者」となります。「修習技術者」は、必要な経験を積んだ後に技術士第二次試験を受験することができます。技術士第二次試験合格後、技術士登録をすることで、技術士資格を得ることができます。

 より詳細な情報は、公益社団法人日本技術士会のホームページにて確認することができます。
プログラム履修生の認定

 本学系はJABEE(日本技術者教育認定機構)より、国際水準の技術者教育を行う教育組織としての認定を受けていますが、都市環境コースと建築コースを主・副コース(主・副は任意)として選択した学生のみ、このJABEEプログラムの履修生となります。JABEEプログラムを修了し、本学を卒業すると、登録により技術士補の資格を得ることができます(*)。  また、JABEEプログラム(都市環境コース+建築コース)以外の学生が、本学の転学部、転学科、転学系、転コース制度を利用して新たにJABEEプログラムに移籍する場合は、当該学生の既取得科目と単位数を勘案し、本学系の学習・教育到達目標の達成可能性を検討の上、個別にJABEEプログラム受け入れの可否を決定します。

(*)JABEEプログラムは定期的な審査により認定されるものであり、本学系は学生教育にとって有意義であるとの判断から、継続的にその認定を受ける方針を定めています。しかしながら、予期せぬ事情によりこの認定を受けられない場合、技術士補の資格を得られなくなることもありますので、この点についてはあらかじめ了承ください。
(*)JABEEプログラム修了者は「修習技術者」となります。「修習技術者」が「技術士補」となるためには、(社)日本技術士会への登録が必要です。登録手続きを行わなければ「技術士補」を名乗ることはできません。詳しくは(社)日本技術士会のホームページ(http://www.engineer.or.jp/)をご覧下さい。 

建築・都市環境学系の学習・教育到達目標です。
本学系のJABEEプログラム履修生は以下の目標を全て達成することでJABEEプログラム修了生として認定されます。
各学習・教育到達目標に対する達成度の評価方法等は「学習の手引」に記載しています。
学系の教育点検・評価・改善システム

 本学系の教育点検・改善システムは下図のように構成されています。学習・教育到達目標に達成するための手段、評価基準、評価方法などが適切であるかどうかを、社会の要求や学生の要望を照らし合わせて日々点検を行っています。点検結果に基づいて、教育内容、教育手段、教育環境などの改善を行っています。

委員会

 教育点検や評価、改善などを効率的に実施するために、本学系では以下の4つの委員会が組織されて活動しています。

  教育改善委員会

 以下の図は、教育点検・改善システムを表したものです。本学系は、学習・教育到達目標に達成するための手段、評価基準、評価方法などが適切であるかどうかを、社会の要求や学生の要望を照らし合わせて日々点検を行っています。点検結果に基づいて、教育内容、教育手段、教育環境などの改善を行っています。

  カリキュラム委員会

 本委員会では、建築・都市環境学系のカリキュラムが在学生・卒業生さらには社会の要請に応 えるものとなっており、かつ時代に即応しているかを常に検討しています。現在のカリキュラムを修正する場合には、本委員会から本学系会議に案を提出し、さらに学部の教学委員会にて 承認を得ます。

  FD委員会

 本委員会は、Faculty Development (FD) を目的としており、教員間連絡ネットワークの要として、講義参観などを実施し、教員間で意見交換を行うことで、教育の向上を図っています。また、教員の教育に対する貢献度の評価を行い、それを公示しています。

  外部評価委員会

 本委員会では、非常勤講師との意見交換や、在学生・卒業生・就職先会社との意見交換を通して、本学系の教育プログラムの評価を行っています。また、必要とあれば、他の委員会と合同でカリキュラムの変更や教育方法の点検や改善について議論します。

Copyright © Division of Architectural, Civil and Environmental Engineering, Tokyo Denki University, All rights reserved.